ついに始まりました、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON」!
今までのシーズンを欠かさず見ている熱狂的なファンも多いのではないでしょうか。

 

今までのシリーズを楽しんでいたからこそ、今回見逃してしまうとショックが大きいですよね。
私も以前すごく楽しみにしていたドラマを見逃してかなりのショックをうけたことがあります…。
コード・ブルーシリーズは再放送の予定はありません。
一度見逃してしまうと見逃し配信を利用するしかないんですよね。

 

コードブルーの見逃し配信を無料で見る方法は?

 

コードブルーを見逃し配信を無料で見る方法は2つあります。
その2つというのがこちら。

 

 プラスセブンを利用する方法

 フジテレビオンデマンドプレミアムを利用する方法

 

どちらもフジテレビ公式のサービスのため、安心して使えますよ。
それでは1つずつご説明していきますね。

 

プラスセブンを利用する方法

プラスセブンはフジテレビ公式の1週間限定見逃し配信サービスです。
フジテレビオンデマンドのページに移動したら以下の画像に沿って進めてくださいね。

 

 

 

しかし、このプラスセブンも万能ではありません。
放送後、1週間だけは見ることができますがそれより前の放送分は見ることができません。
1週間以内であればプラスセブンを利用して、それ以上経ってしまった場合には以降のフジテレビオンデマンドプレミアムを利用しましょう。

 

フジテレビオンデマンドプレミアムを利用する方法

こちらもフジテレビオンデマンドプレミアムのサービスですが、本来は有料のサービスになります。
しかし、Yahoo! JAPANのIDを利用することで31日間無料で利用することができます。
この間は登録作品が見放題になるので、1週以上前のお話を見るならこちらを利用しましょう。
無料になるのはYahoo! JAPANのIDから登録をした場合なので気をつけてくださいね!
こちらも画像を載せておきますす。

 

 

 

ちなみにフジテレビオンデマンドでは今、登録不要でコードブルーがファースト、セカンドシーズンも見ることができます。
サードシーズンの放送を待っている間はぜひ過去作品を見てください!
色々と懐かしいシーンが見れますよ!
サードシーズンも面白くなること間違いなし!

 

[AD]

FODの登録はコチラから!

 

コードブルーのキャスト

 

それでは、ここからは「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON」のあらすじとキャストをご紹介していきます。

 

藍沢耕作役/山下智久(主演)
白石恵役/新垣結衣
緋山美帆子役/戸田恵梨香
冴島はるか役/比嘉愛未
藤川一男役/浅利陽介

 

名取楓馬役/有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
灰谷俊平役/成田凌
横峯あかり役/新木優子
雪村双葉役/馬場ふみか

 

町田響子役/伊藤ゆみ
早川正豊役/伊藤祐輝
鳥居誠役/ 岩井拳士朗
広田扶美役/下垣真香
橘優輔役/歸山竜成

 

橘啓輔役/椎名桔平
新海広紀役/安藤政信
三井環役/りょう
梶寿志役/寺島進
西条章役/杉本哲太

 

今回も山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんのメインキャストはそのまま続投です。
変わるわけがないと思っていましたが一安心ですね。

 

コードブルーのあらすじ

 

ここからは各話のあらすじを紹介していきます。
多少のネタバレを含みますので、見る時は注意してくださいね。

 

 

 

コードブルー第1話のあらすじ

 

医師として10年以上のキャリアを持った彼らは仕事もプライベートも自分の人生と向き合い始める年代に達しそれぞれの道を歩みだしていた。藍沢耕作(山下智久)は翔陽大学附属北部病院の救命救急センターを離れ、脳外科医として研鑽をつみさらなる高みをめざし日々オペを行っている。白石恵(新垣結衣)は人手不足の翔北救命救急センターで今やフライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘していた。かつてはともにフライトドクターを目指していた緋山美帆子(戸田恵梨香) は、翔北病院を離れ周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた。冴島はるか(比嘉愛未)は、今もフライトナースとしての道を究め続けエースとして活躍中。また藤川一男(浅利陽介)も白石と共に翔北救命救急センターを支える整形外科専門の救命医となっていた。彼らの成長を語る上で橘啓輔(椎名桔平)の名を挙げないわけにはいかない。そんな橘は救命医として活躍を続けているが現在、息子についてある厳しい局面に立たされていた。橘が葛藤する理由とは。

 

そんな救命センターに新たにフライトドクターを目指すフェロー・名取颯馬(有岡大貴)、灰谷俊平(成田 凌)、横峯あかり(新木優子)、フライトナースを目指す雪村双葉(馬場ふみか)がやってくる。フェローたちは使い物にならないと救命センターの誰もが嘆く中、白石は人材不足の中、彼らを戦力にするしかないと必死に育てようと努力する。

 

脳外科医として信頼を既に得ている藍沢には強力なライバル、新海広紀(安藤政信)が現れる。脳外科では世界屈指の水準を誇るトロント大へ臨床医師として選ばれるかどうかの席を争っていた。

 

それぞれの道を歩むかつてのフェローたち、新たなフェローたち、そして彼らの仲間たちによって『コード・ブルー』第三シーズンがついに始まる。

出典:公式HP

 

 

第1話はいきなり見ごたえがありましたね!
新しいフェロー達の情けなさもすごかったです。笑
個人的な見どころとしては、

 

七夕祭りの現場に藍沢耕作(山下智久)が登場したシーンです。
やっぱり現場にいると場がひきしまるんですよね。

 

 

 

また、今作では藍沢耕作(山下智久)と白石恵(新垣結衣)に恋愛要素があるのでは、という話もあります。
今までは医療がメインで恋愛要素は少しだけだったため、視聴者からは賛否両論あります。

 

 

 

 

 

今後の展開も気になりますね…!
それでは、2017年7月24日放送の第2話も楽しみにしていましょう!

 

[AD]

FODの登録はコチラから!

 

2話のあらすじと感想、ネタバレ

藍沢耕作(山下智久)が救命救急センターに戻って一週間が経過した。しかし、白石恵(新垣結衣)と藍沢のフェローへの指導方針などを巡るぶつかり合いは、緋山美帆子(戸田恵梨香)や藤川一男(浅利陽介)も辟易するほど。横峯あかり(新木優子)への藍沢の指導の厳しさは、センターを円滑に回したい白石にとって許しがたいものだった。白石は藍沢の復帰を願ったことを早くも後悔し始める。

 

そんな折、開放骨折の患者、宮本望海(古畑星夏)が救急搬送される。17歳の望海は妊娠していることがわかり、駆けつけた父の勉(平山祐介)はHCU(高度治療室)でほかの患者が寝ていることも顧みず大声で娘をしかり始める。出産を望む望海に勉は大反対しているのだ。

 

妊娠で悩んでいるのは、この親娘だけではなかった。藤川は冴島はるか(比嘉愛未)の懐妊を知ったものの本人から話してくれないため聞くこともできずに思い悩んでいた。藤川は、そのことをうっかり白石や緋山に話してしまう。そこには藍沢もいた。

 

藍沢は人体模型を使って胸腔ドレーンの練習をする横峯を見つけ、ICU(集中治療室)に連れていく。意識がない患者を最高の練習台と語り練習を促す藍沢の考え方についていけず横峯はついに泣き出してしまう。傍では灰谷俊平(成田凌)が震える腕を必死で押さえているなど白石は救命センターの現状に頭を抱えてしまう。

 

ギスギスした師弟関係のまま、ドクターヘリ要請を受けた藍沢と横峯は現場へ飛ぶ。マリーナでクレーンによって吊られた船が落下して、親子3人が怪我をしたらしい。機内で緊張する横峯に、藍沢は3人全員の処置を任せると言い放った。

出典:公式HP

 

 

 

2017年7月23日に放送された第2話。
今回の見どころはなんと言っても一切の妥協を見せない藍沢耕作(山下智久)の姿ではないでしょうか。
横峯あかり(新木優子)の指導にあたった藍沢耕作(山下智久)ですが、どんな状態でも横峯あかり(新木優子)への厳しい指導の手を緩めることはありませんでした。
この厳しい指導のシーンを見逃してしまうと後の感動の展開のインパクトが薄くなってしまうのでここは見逃したくないですね。

 

全ての決定権を託された横峯あかり(新木優子)。
最初こそかなりあたふたし、落ち着いていなかった彼女ですが、藍沢耕作(山下智久)の厳しい指導の中で一気に目つきが変わります。
その後の活躍ぶりを見ていない、というあなたはぜひ見逃し配信を見て横峯あかり(新木優子)の活躍を見てほしいです!!
特に藍沢耕作(山下智久)のこの台詞。

 

お前が失敗すれば患者は死ぬし、何もしなくても患者は死ぬ。

 

まだまだひよっ子のフェローになんて言葉を言うんだ…、と震え上がっていました。笑
ドラマを見ているとついつい感情移入してしまうんですけど、あの状況であんなこと言われたら泣き出しそうですよね。
それでも人の命を預かるのが医者の仕事。
ドクターヘリはさらに緊急度が高い人を搬送することが多いです。

 

しかし、『1人でも多くの命を救うために、あたふたしている暇はないんだ』という藍沢耕作(山下智久)の心の声がしっかりと横峯あかり(新木優子)にも届いたのではないでしょうか。
落ち着きを取り戻したあとの横峯あかり(新木優子)はとても頼もしく、今後の救命を支える1人になってくれそうな心強さがありました。
来週はドクターヘリの中に毒ガス?がまかれるのでしょうか。
どんな事件がおきるのか、ヘリの中に乗っているメンバーは大丈夫なのか、気になりますね!

 

[AD]

FODの登録はコチラから!

 

3話のあらすじと感想、ネタバレ

”命とその人が命よりも大事だと思っているもの。どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?“。藍沢耕作(山下智久)はあらためてこの問題に向き合っていた。

 

藍沢が脳外科医で出会った患者の天野奏(田鍋梨々花)は将来を期待される14歳の天才ピアニスト。しかし彼女の脳は腫瘍におかされていた。指先の動きなどを司る様々な中枢が入り込んでいる部分に腫瘍を抱えている。今手術をすれば奏の命は守られるが、ピアノを弾けなくなるというリスクが伴う。両親は早期の手術を望むが、拒否し続ける奏に現在の担当医、新海広紀(安藤政信)は頭を悩ませていた。

 

一方、救命には渓流で足を滑らせて転落した男性、緒方博嗣(丸山智己)が運び込まれる。こだわりの料理人として注目を集めている緒方だが、頸椎に脱臼骨折というダメージを受けていた。この状況下にあって自分が仕留めたイワナのことを心配する緒方に緋山美帆子(戸田恵梨香)は興味を持つ。

 

そんな中、森林公園で倒れていた男性救出のためドクターヘリ要請が入り白石恵(新垣結衣)らが救出に向かった。藍沢たちが病院で待機していると、白石からドクターヘリの機内に原因不明の汚染が発生したとの報告が入る。藍沢たちは初療室周辺とヘリポート、緊急外来を立ち入り禁止にするなど異例な事態に備える。藤川一男(浅利陽介)は身重の冴島はるか(比嘉愛未)も汚染されたヘリに同乗していることを思い出し、即座に走り出すのだった。

出典:公式HP

 

 

 

2017年7月31日放送の第3話。
今回の見どころはなんと言ってもヘリの中の空気が汚染されているとわかったシーンではないでしょうか。
予告から見ていてわかってはいたもののあのシーン、「本当に助かるのかな…」とはらはらしちゃいました!!

 

しかもなにより冴島はるか(比嘉愛未)のお腹には藤川一男(浅利陽介)との子供が…。
一番最初に倒れたのが冴島はるか(比嘉愛未)だったため、本当に助からないのでは、と思ってしまいました。
きっと助かるんだろうな、とは思いつつ心配そうに見守る藤川一男(浅利陽介)、見てられなかったですよね。

 

そして、個人的にツボだったのが前日のおにぎりを平気で食べる緋山美帆子(戸田恵梨香)。
すごかったですよね。
作品の中でもかなり男勝りなのですがこれには驚いた視聴者も多かったみたいです。
私はおにぎりだろうがなんだろうがその日のうちに食べきっちゃうし、ペットボトルも次の日には絶対持ち越さない性格なのであのシーンは絶句でした…。

 

でも、あのくらいの図太さがある人がホント羨ましいです。笑
きっと何かあったときにはあのくらいの図太さがないとしんどいんでしょうね。
普段からそれだけ緊迫した空間に身を置いている証拠ではないでしょうか。

 

 

しかし、今回も本当に命の尊さ、そして人の強さが描かれていましたね。
詳細はぜひ見逃し配信をみていただきたいのですが、今回の患者には対局的な2人が登場しました。
一見すると正反対に見える2人ですが、その2人を通して命の、そして生きていく事の大切さを伝えようとしていたのではないでしょうか。

 

そして、もちろん冴島はるか(比嘉愛未)も。
見逃しちゃった…、という人はまだまだ見ることができますので、ぜひ見てみてくださいね!

 

[AD]

FODの登録はコチラから!

 

4話のあらすじと感想、ネタバレ

藍沢耕作(山下智久)に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信)から入る。新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。望みは藍沢の説得なのだ。しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。

 

そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。すると優輔の口元には吐血した痕跡。三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、初療室で優輔の処置に当たる。

 

一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。

 

藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は少年の治療にあたる。白石恵(新垣結衣)たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。

出典:公式HP

 

 

今回は椎名桔平さんの回といっても過言ではなかったですね。
有村大樹さんがメインになるのかと思っていたのですが、思っていたよりも椎名桔平さんが前にでてきていました。
いやー、本当にかっこいいですね。
良き医者であり、良き父なんですよね。

 

本当は辛いことだってたくさんあるのに全部我慢している感じが見ていてこっちが辛くなりませんか…?
花火を一緒に見ているシーンは三井先生を演じるりょうさんの演技も良すぎて、もう見ながら涙が止まりませんでした。

 

 

 

 

 

今回は誰か1人だけ、というわけではなく色々な人にフォーカスされていた回でしたね。
戸田恵梨香さんが前回救った料理人の患者さんからおにぎりをもらって食べてるシーン、凄くよかったですね。
あの料理人のおじさんも相当辛いはずなのに…。

 

本当なら誰にも知られたくないであろう自分の話を落ち込んでいる人にして笑わせるなんて。
どんだけ明るいんだーって感動しちゃいました。
自分があんなに辛い時に同じことを出来るかな、って真剣に考えちゃいました!

 

 

 

山下智久さんのあのピアニストの女の子とのシーンも胸が苦しくなりましたね…。

 

今回はヘリや医療のシーンがかなり少なかったんですが、こういう回も悪くないなーって思いました。
物足りない、って思う人もいるかもしれませんが私はどちらかと言えばこういう裏側も見てみたい派です!

 

 

さて、今回の最後も凄く気になるところで終わりましたね。
来週はついに有岡大樹さんの回になるみたいです。
楽しみですね!

5話のあらすじと感想、ネタバレ

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。

そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石、名取颯馬(有岡大貴)雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。

初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。

一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。

出典:公式HP

 

次回の放送は2017年8月14日です。
放送終了後に追記しますね!

 

【関連ページ】

コードブルー、有岡大貴の演技が下手って噂、個人的見解を書いてみた

 

お問い合わせはコチラ